<お仕事>みんなともだち9月号/チャイルド本社

「サンドイッチを作ろう」みんなともだち9月号/チャイルド本社
「サンドイッチを作ろう」誌面
チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」9月号

9月号は「サンドイッチを作ろう」というテーマで描かせていただきました。
いろんな具材を用意して作ってみてくださいね。
完成のサンドイッチイラスト、欲が出てちょっと分厚くなってしまいました笑

<お仕事>みんなともだち8月号/チャイルド本社

「夏の夜を楽しもう」みんなともだち8月号/チャイルド本社
「夏の夜を楽しもう」誌面
チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」8月号

チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」8月号
今回は「夏の夜を楽しもう」がテーマです。

日が沈み、涼しくなってから大人の人と一緒にお散歩に出かけてみてはいかがでしょう?
いつも遊んでいる風景が、また違って見えるかもしれません。
懐中電灯を持って、虫や花を観察してみてくださいね。

<お仕事>みんなともだち7月号/チャイルド本社

「スピードタッチ」イラスト
「スピードタッチ」誌面
チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」7月号

チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」7月号
今回は「スピードタッチ」がテーマです。
頭で考えた動きをすばやく動作にうつす、敏捷性(びんしょうせい)を高める遊びになっています。
大人も素早さが求められそうですね。

(自分は運動できてないけれど…)体操のイラストで体の動きを描くのとっても楽しいです。
今後ストレッチとかのイラストサンプル作れたらいいな、なんて思うきっかけとなった7月号のイラストでした。

<お仕事>みんなともだち6月号/チャイルド本社

「シュワシュワトマトゼリー」イラスト
「シュワシュワトマトゼリー」誌面
チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」6月号

チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」6月号
今回は「シュワシュワ トマトゼリー」がテーマです。
サイダーが入っているのでシュワシュワです。爽やか〜

おうち時間が増えている今、おやつ候補に「トマトゼリー」も是非!

*お仕事(みんなともだち5月号/チャイルド本社)

チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」5月号


チャイルドブック・ゴールド「みんなともだち」5月号発売中です。

今回は「コアラのさんぽ」がテーマ。
元体操のお兄さんの佐藤弘道さんの体操になっております。

ぎゅっと抱きつくことで手足を強くすることができるみたいです。
ぜひ親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

*お仕事(みんなともだち4月号/チャイルド本社)


チャイルドブックゴールド「みんなともだち」4月号
絵本のコーナーに関連した親子遊びのページを1年間担当させていただきます。
4月号は「手まりずし」です!

是非作ってみてくださいね。

かわいく、わかりやすいイラストを目指して
自然遊び、食育遊び、体遊びをご紹介予定です。
どうぞよろしくお願いします。

*お仕事(みんなの怒りスイッチをさがせ!/合同出版)


みんなの怒りスイッチをさがせ!

ゲームで身につくアンガーマネジメント(合同出版)

カードゲームのイラストを担当いたしました。(全60枚)
怒りのできごとについて、どのくらい怒りを感じ、どう考え、どう行動すればいいのか話し合うカード教材です。
詳しくは合同出版HPをご覧ください。合同出版HP

4人のメインの子どもたちが「怒りのできごと」に出会っていきます。
それは友達だったり、親だったり。
ゲームの中で「怒り」について考えるきっかけになるといいなと思いながらお仕事させていただきました。

個人的には、絵を描きながら小学生の時そういうことが友達間であったなと思い出したり、
結局モヤモヤしても見逃してしまっていたなとか、
あの時もう少し私は怒ってもよかったかも?など考えながら描いていました。
あまり重くなりすぎないように描いたつもりです。

是非、みんなで話しながら使っていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

*お仕事(子ども家庭福祉/萌文書林)

The gallery was not found!



「子ども家庭福祉」萌文書林

シリーズ3冊目出ました。
今回は、林もえの夫「駒形貴志」が主人公です。
*プロフィール…大学卒業後、食品メーカー、施設職員を経て大学院へ入学。
子ども家庭福祉を学ぶ。

3冊を通して共通の登場人物がリンクしており、ストーリー形式になっています。
結構キャラクターも増えて、相関図も複雑になってまいりました。

本書では、問題が解決できずに苦しむ子どもや保護者を支援し、
幸せを実現できるよう人々がつくり上げた制度や仕組み=「子ども家庭福祉」を学ぶことができます。

3冊並べるとシリーズ感出てきました!
どうぞよろしくお願いいたします。

萌文書林HP http://houbun.com/book/346.html